オードリーのアート日記 「Monzo渡邉×清水潤二 2人展」

先週末、美の起原のMonzo渡邉×清水潤二 2人展を見に行きました。Monzoさんは2015年、清水さんは2020年の美の起原展大賞アーティスト。ギャラリーによって才能を認められたこの2人の展覧会であれば行くしかない…!
とはいえ、作品の傾向が異なる2人。Monzoさんはデジタルとアナログを駆使した、きらびやかな画面が特徴です。
一方、清水さんは独学で身につけた堅牢な絵肌を持つ写実絵画です。
ギャラリーに入ってまず目に飛び込んだのは、一番目立つ入口近くに並んだ両作家の作品!なんだかハードボイルドな世界観です。ちょうど最終日で、おふたりたちが迎えてくれました。

Monzo渡邉さん(左)と清水潤二さん(右)

会場は各作家ごとに展示構成されています。順序としては、先に清水さん、奥に進むとMonzoさんの作品というように。
女性をメインモチーフとする清水さんの作品からMonzoさんの女性像に続く展示は、異なる作風ながらも自然に2人の描く女性像を比較できて面白いです。

清水さんのクールな女性像

ギャラリー奥から撮影した写真。入口側の清水さんの作品(右)からMonzoさんの作品(左)へと続く

Monzoさんは、数あるモチーフの中から女性像とニューヨークの風景画を展示。最近はグラフィティにも力を注いでいますが、清水さんの作品に合わせて選ばれたのかなと推測しました。

親しみやすい題材を選んでいたMonzoさんの作品

清水さんは、これまで寒色を用いたクールな印象の作品が多かったのですが、今回はピンクのグラデーションを背景にした花の作品が!これは初の試みで、花も自身で生けているそう。こうした新境地を見ることができて、今後も楽しみになりました。

清水さんの新シリーズ。色彩違えど、清水さんらしい絵肌

展覧会は既に終了していますが、ギャラリーのサイトではVR展示とWEB展覧会をしているので、ぜひチェックしてみてください!

Monzo渡邉×清水潤二 2人展
2024年6月1日(土)~8日(土)日曜休廊
12:00~18:30(最終日16:00迄)
WEB展示
タイトルとURLをコピーしました